お問合せはこちら
歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


小児歯科

当院の小児歯科への想い

お子様の歯がはじめて生えたとき、お母様お父様はどんなにか感動することでしょう。小さな歯がのぞく笑顔はほかの何にも変えがたいものです。そんな真っ白な歯を虫歯にしないためにも、毎日の歯ブラシをしてあげたいものですね。ところが小さなお子様にはなかなか上手に歯磨きをさせてあげられないのが現実かと思います。大人が何とか磨こうとするほどお子様は嫌がってしまうかもしれません。

野間歯科クリニックでは、初めてのお子様にまず一緒に歯ブラシを持ってもらうことから始めます。楽しく歯磨きをしてすっきり気持ちよくなり、きっと歯医者が大好きになってもらえると思います。お友達と一緒に遊ぶようになると、おやつの後の歯磨きが出来なかったり、虫歯になる可能性はさらに増えてしまいます。規則正しい食生活、バランスのとれた食事はもちろんのこと、一日一回は仕上げ磨きをしてあげること、さらには歯を強くするフッ素塗布を行えば、虫歯になりにくい歯にすることができます。

乳歯が徐々に抜けて、永久歯に生え変わるころ、歯の隙間が開き、物が詰まりやすくなってさらに虫歯の危険性は増します。普通の歯ブラシに加えて、フロス(糸ようじ)も使われるといいですね。また、歯が生えてすぐの状態はまだお口の中で唾液に触れる時間が少なく再石灰化といって歯が硬くなっていないので、一番虫歯になりやすい時期でもあります。この時期に集中的にフッ素塗布を行うことで、将来大人になっても虫歯に強い歯を作ることが出来るでしょう。
お子様に素敵な笑顔を守ってあげるために、ぜひ歯医者さんと仲良くなってくださいね。

お子様の定期検診の大切さ

近年、歯科への関心の高まりから、就学前のお子様に歯科検診をうけにいらっしゃる方が増えているように思います。

大人の方でも、あまり好きになれない歯科治療。
ましては、小さなお子様の歯を削るのは私達歯科医にとっても大変つらいことです。出来れば、永久歯に生え変わるまでの間に一度も歯を削らずにいられたら・・・。
そのためにも、虫歯になる前に、是非歯科を受診していただきたいと考えています。

特にやわらかい乳歯に出来てしまった虫歯は進行が早く、放っておくとすぐに深くなってしまいます。
ひどくなると、永久歯の生え変わりに支障をきたすこともあり、この時期の口腔内の管理は将来的にも重要です。しかし、小さなお子様にそれをさせるのは無理があり、どうしても保護者の管理が問われます。

私達は歯科を初めて受診するお子様には、まず一緒に歯ブラシを持ってもらうことから始めます。
また、保護者の方には一日一度必ず膝の上に寝かせた状態でしっかりとした仕上げ磨きをしていただくこと。また、食事やおやつの摂り方を含めた規則正しい生活、お子様につらい思いをさせないために保護者の方に出来ることを是非今日から実践していただきたいと思います。

楽しく歯磨きをして、『歯医者さん大好き』となっていただけたらうれしく思います。

| ▲ PAGE TOP |

トップページ   小児歯科