お問合せはこちら
歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


虫歯治療

削って詰める、かぶせる、歯の神経の治療などの虫歯治療をはじめ、歯茎がやせてきた、歯が長くなった、歯が揺れてきたなど歯周病の症状をチェックし、これらの症状の緩和、進行の停止を目的に治療を行います。
一般的に歯周病はあまり症状が大きく出ないうちに病気が進んでしまう傾向があるため、ご自身で自覚がないうちに定期的な検診を受け、予防をすることが賢明です。

歯周病の原因は歯の周りについた細菌を取りきれずに放置してしまうことで起こります。歯ブラシが届ききらずに残ってしまった細菌が歯茎を腫らせたり、出血するようになったり、さらには歯の根っこを支えているあごの骨を溶かしてしまいます。一度溶け出してしまった骨は元どおりに戻すことは困難ですが、歯科医院で歯石を除去し、確実に歯ブラシが当てられるように練習していただくことでその進行をとめることが出来ます。

どうしても保存が不可能な歯、残すことでほかの歯も悪くなってしまうような歯については抜かざるを得ない場合もあり、その際には出来るだけ違和感の少ない方法で対応しております。表面麻酔や電動注射器を用いて無痛治療を心がけ、出来るだけストレスの少ない状態での治療を心がけています。また、野間歯科クリニックでは患者様にリラックスしていただくために、スタッフの対応を始め、お子様連れでもご来院いただきやすい環境を考えています。

なぜ虫歯になってしまうの?

毎日歯磨きをしているのに、虫歯になってしまった・・・このような経験をされた方は多いのではないでしょうか?ではどうして虫歯になってしまうのか?その原因をお話します。口腔内には数多くの細菌が存在し、その中にはミュータンス菌と呼ばれる菌がいます。この菌が食べ物の糖分を体に取り込み、酸を出すのですがこの酸が歯を溶かし続け(これを脱灰と言います)、これが続くといわゆる虫歯という状態になってしまいます。しかし、人間の口腔内は唾液によって、虫歯菌によって作り出された酸を中和し、脱灰された歯を修復することができるのです。この現象を再石灰化と言います。つまり、この脱灰と再石灰化のバランスが取れていれば虫歯にはならないということです。様々な要因が重なって、このバランスが崩れると、再奪回されずに歯が溶けて、虫歯になるということです。

虫歯になりやすい箇所はどこ?

しっかり歯磨きなどのケアをしていてもお口の中には、虫歯になりやすい場所が存在します。それは次のつの箇所です。



①歯と歯の間の場所

②奥歯

③親知らずと親知らずの隣の歯

④詰め物やかぶせ物の間


この中でも特に、注意が必要なのは④の詰め物やかぶせ物の間の箇所です。なぜかというと、歯医者さんのメンテナンスでも肉眼やレントゲン写真で虫歯が発見しにくく、最終的に二次虫歯(虫歯治療をしたところが再発すること)が進行しやすいからです。ですので、一度虫歯になった場所は治療した後も虫歯にかかるリスクが高まります。虫歯を作らないようにケアすることが大切なのです。



虫歯の進行について

(1)エナメル質の虫歯

(2)象牙質の虫歯

(3)神経に達した虫歯

(4)歯根に達した虫歯

上のイラストのように(1)~(4)に向けて虫歯は進行していきます。

(1)エナメル質の虫歯は、歯の表面にあるエナメル質が溶けて歯の表面が黒くなった状態の初期虫歯です。まだ痛みなどの自覚症状はありません。

(2)象牙質の虫歯は、エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が進行した状態の虫歯です。冷たいものや甘いものを食べると歯がしみて痛みが生じます。虫歯の箇所を削り、つめ物をつめて治療をします。

(3)神経に達した虫歯は、何もせずともズキズキと激しい痛みを感じるようになります。多くの場合、神経を取り除く治療(根管治療)を行い、被せ物を被せて治療をします。

(4)神経が死んで、歯根まで虫歯が達してしまった状態です。神経が死んでしまっているので「歯が痛い」や「歯がしみる」という症状はありません。状態にもよりますが、治療方法としては歯を抜いて、インプラント・ブリッジ・入れ歯治療を行う必要があります。


当院の虫歯治療の特徴

できるだけ痛みの少ない治療を

お子様から大人の方まで、痛みは誰にとっても嫌なものですよね。皆様の痛みへの不安を取り除くために、当院ではできるだけ痛みに配慮した治療を行っています。
・表面麻酔:

麻酔注射をするときに痛みを感じるので、まずは注射する箇所に「表面麻酔」を行って一時的に患部を麻痺させてから麻酔注射をします。痛みを感じることはほとんどありません。

・極細の注射針:
できるだけ痛みを感じにくくするために、非常に細い針を使用しています。

・電動麻酔注射機:
麻酔液をゆっくりと注射していくと細胞が膨張しないため痛みが少なくなります。当院では注入速度を機械で制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを抑える工夫をしております。

患者様とのコミュニケーションを

まったくコミュニケーションがなく一方的に治療を受けるだけでは、不安になってしまうことは当然のことです。今どのようなどのような目的でどのような治療に進んでいるのか、説明がなく施術されたというご経験のある方は多くいらっしゃるかもしれません。しかし当院では患者様と丁寧にコミュニケーションをとりながら治療を進めていきます。治療一つにしても、患者様との密接なコミュニケーションを行い、きちんと納得していただいてから治療を行いますので安心してください。