お問合せはこちら

衛生士募集についてはこちらをクリックしてご覧ください↓

歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


歯ぐきが痛くなる原因とは?


ここに文「歯ぐきが痛い」「歯が痛いと思っていたら歯ぐきだった」「歯ブラシに歯ぐきが当たると痛い」など、歯ぐきに痛みを覚える症状を1度や2度経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

歯ぐきが痛きなる疾患は様々であり、今回は歯ぐきがなぜ痛くなるのか、歯ぐきの痛みの原因について、詳しくご説明しましょう。


▼歯ぐきが痛くなる原因は?

歯ぐきがなぜ痛むのか不安に感じることはありませんか?様々な要因で歯ぐきに痛みが生じる場合があります。



・歯肉炎

  歯ぐきが激しく痛むことは稀ですが、炎症があるために歯ぐきがムズムズしたり、かゆいなどの症状があります。


・歯周病

  初期では痛みを伴う歯ぐきの腫れは認められませんが、歯周病の悪化し歯ぐきに腫れや出血が認められる場合には、痛みを伴います。


・膿瘍

  食片や細菌が原因となり歯ぐきに炎症を起こし、組織や白血球、感染菌の死骸などが交じりあった膿汁が生成され、組織内に袋状に貯留された状態を膿瘍と呼び、ズキズキと痛む場合もあります。


・歯根膜炎

  歯の根っこの部分全体を覆うように形成されている、歯根膜に炎症が生じるために、歯ぐきに痛みを感じるケースがあります。虫歯や、歯周病、咬み合わせの異常によって、歯根膜炎を引き起こす恐れがあります。


・根尖病巣

  歯の根っこ部分の先端に膿が溜まる疾患であり、虫歯が原因となり症状が生じる疾患であり、適切な処置が行われない場合、歯肉の腫れと痛みを繰り返します。


・食片圧入

  歯と歯の間に食片が挟まり、歯ぐきを食片が押す圧に痛みを感じる場合もあります。子供の歯と歯の間は隙間が空いているために、食片が挟まりやすく、気づかないまま炎症を進行させるケースも多く見受けられます。


・口内炎

  歯ぐきに口内炎ができるケースもあり、痛みのピークは3~4日で徐々に引いていきます。


・親知らず

  親知らずが原因となり、歯ぐきに痛みが生じる場合もあります。根本的な対処法は抜歯をすることで解決します。


・カンジダ菌

  カビの一種であるカンジダ菌は、歯ぐきがヒリヒリと痛むのが特徴であり、入れ歯の清掃不良、セルフケアが不十分である場合に発症します。


・癌

  歯ぐきに癌が生じることも稀にあり、痛みを感じる場合もあります。臼歯部位が好発部位となります。


▼歯ぐきが痛い時の対処法

歯ぐきの痛みは、予告なく急に襲い掛かってくるために、歯ぐきが痛い時は、以下のような対処を行い、歯科医院へすみやかに受診しましょう。


・市販薬の痛み止めを飲む

・患部を冷やす

・柔らかい歯ブラシの毛先でマッサージ

・うがい薬でうがいする

・睡眠を取り、ストレスを溜めない