お問合せはこちら

衛生士募集についてはこちらをクリックしてご覧ください↓

歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


歯周病を治療しないと、どう健康に影響するの?


みなさん、歯周病をご存知でしょうか。

歯周病はお口の中の疾患であり、日本人の約8割が罹患している国民病と言われています。

また、1度罹患してしまうと、完治することが難しいとされていた歯周病は、一昔前まで「不治の病」とも呼ばれ、お口の中のだけではなく、健康を脅かす恐れのある疾患であります。

そこで今回は、歯周病について詳しくご説明しましょう。




▼歯周病はどんな病気?

歯周病は突然に発症する訳ではなく、歯周病になるまでの前段階の疾患である歯肉炎が歯周病へと進行していきます。歯磨きやケアを疎かにしてしまうと歯周病の原因菌である細菌が増殖し、歯肉が炎症を起こします。この段階では自覚症状は少なく、歯磨き時に少量の出血が見られる程度でありますが、歯磨きや口腔ケアが不十分なために、歯周病へと進行した場合には、歯肉の腫れ、出血や膿、歯を支える歯槽骨の吸収が認められ、最後には歯を維持することが困難になり、抜けてしまう恐れがあります。


▼歯周病を治療しないと、どうなるの?

歯周病の治療を行わず放置した場合には、歯を支える役割のある歯槽骨が吸収され、歯を支えきれなくなり、歯を失う恐れがありますが、歯周病は歯を失うだけではなく、全身の健康までも脅かす恐れのある疾患です。


最近の研究では、歯周病菌が全身疾患を引き起こす要因として考えられ、狭心症や心筋梗塞、心内膜炎、脳梗塞、動脈硬化、誤嚥性肺炎、糖尿病、早産、低体重児出産など、数多くの疾患が関係するとされています。


中でも糖尿病は歯周病と深く関係し、糖尿病の合併症の一つとして考えられています。糖尿病に罹患している人は、歯周病にも罹患している割合が高いとされ、更には歯周病の症状が悪化すると、糖尿病の症状も悪化する傾向があります。しかし、歯周病治療を行うことで糖尿病の症状も落ち着く傾向も報告され、持ちつ持たれつの関係性があります。


▼歯周病菌は内毒素を全身に回る

歯周病菌は唾液と共に体内に侵入、または炎症を起こした歯肉の毛細血管から体内に侵入し、体内に侵入した歯周病菌は体内で壊死します。しかし、壊死した歯周病菌の死骸から放出される内毒素が全身に回り、様々な疾患を引き起こすことが近年の研究で報告されています。


お口の健康は全身の健康にも大きく影響を与えるため、歯周病を予防することが、全身の健康にも繋がります。そのためにも、毎日のセルフケアはもちろんのこと、歯科医院で行うスケーリングやクリーニングなどのプロフェッショナルケアを受け、歯周病を予防しましょう。