お問合せはこちら

衛生士募集についてはこちらをクリックしてご覧ください↓

歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


虫歯予防のために、普段の生活から気を付けることとは?


みなさんは、どのような時に歯科医院を受診しますか?

一昔前までは、「虫歯になったら歯医者さんで治療を受ける」ことが、当たり前とされていました。

しかし、一度虫歯になった歯はもとに戻ることはなく、虫歯になった部分を削る処置を行わなければなりません。

そのことからも、虫歯にならないように予防することが大切であると考えられるようになり、予防歯科の重要性がうたわれるようになりました。そこで今回は、虫歯予防のために普段の生活から気を付けることについてご紹介しましょう。



▼虫歯の原因

虫歯を引き起こす原因が虫歯菌にあり、虫歯菌が食べ物に含まれる糖分を栄養にして酸を発生させ、歯を溶かし虫歯になります。糖分が多く含まれる食品を摂取する回数が多ければ多いほど、虫歯に罹患するリスクは高まります。


▼虫歯にならないための予防

虫歯にならないようにするためには、毎日のセルフケアが重要となり、普段の生活から気を付けることが虫歯予防の鍵となります。


【普段の生活で気を付けたいこと】


・だらだら食べを避ける

時間を定めず、だらだらと食事する、または食事の回数が多ければ、多いほどに虫歯リスクは高まります。なぜならば、お口の中は通常時、中性から弱アルカリ性を保っていますが、食事を行うことで酸性へと変化し、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことからも、虫歯になるリスクが高まります。これらのことからも、だらだらと食事することは避け、時間や間食の回数を定めましょう。


・よく咬んで食事をする

唾液の分泌量が不十分であると、お口の中が乾き虫歯リスクも高まるために、食事の際にはよく咬んで食事を行い、唾液の分泌を促すことで虫歯リスクを軽減させることが大切となります。口がすぐ乾く、唾液の分泌量が少ないと感じる人や、高齢者の方はお口の中が乾燥しがちになるために、よく咬んで食事をすることを意識して、唾液を分泌させましょう。


・食後の歯磨きと寝る前の歯磨き

毎食後の歯磨きはもちろんのこと、寝る前の歯磨きをしっかりと行うことが重要です。寝ている間は唾液の分泌量が減少するために、虫歯菌が繁殖しやすいために、寝る前の歯磨きは特に念入りに行いましょう。また、外出時などで歯磨きが出来ない場合には、うがいを行うだけでも効果的です。


▼普段の生活の中に定期健診を

「虫歯になったら歯医者さんを受診」するのではなく、普段の生活の中に定期健診を取り入れ、虫歯を未然に防ぎましょう。