お問合せはこちら

衛生士募集についてはこちらをクリックしてご覧ください↓

歯科衛生士募集中 TEL:0422-46-0671

診療カレンダー

土曜日午後14:00までの診療となります。

※休診日:水曜 日曜 祝日


虫歯と頭痛の関連性とは?



皆さんは、突然の頭痛に悩まされた経験はありますか?

頭痛の要因は数多くあり、原因を突き止めることは難しいために、頭痛薬を飲んだり、頭や肩のマッサージなど、自分なりの方法で耐えしのいだりする人も多いのではないでしょうか。

頭痛を引き起こす要因の中には虫歯があげられ、今回は虫歯から生じる頭痛について、詳しくご紹介いたします。




▼虫歯と頭痛の関係性は?

一見虫歯と頭痛は関係がないと囚われがちでありますが、虫歯と頭痛には深い関係があり、虫歯の進行具合によっても左右され頭痛を引き起こす。


例えば、明らかに歯に痛みが生じ虫歯になっていると認識している場合、歯の神経である歯髄にまで、虫歯菌が到達している可能性が高く、歯髄が炎症を起こしているため、歯に痛みが生じます。


痛む歯を庇うようにして食べ物を咬むために、咬み合わせのバランスが崩れ、更には咬み合わせの悪化から肩や首に負担がかかり、頭痛を引き起こします。これらの症状は、「緊張型頭痛」と呼び、人によっては鈍痛が数時間、数日続くケースもあります。


また、虫歯を長らく放置してしまう場合、痛む歯を庇うために、片側ばかりで咬んで食事をしてしまうために、虫歯が原因となり咬み合わせのバランスが悪くなり、「顎関節症」を引き起こし、更に頭痛を発症させる要因となります。


これら緊張型頭痛や顎関節症は虫歯の治療を行い咬み合わせが改善されることで、頭痛の症状を抑えられると考えられます。


▼虫歯菌が原因で起こる頭痛

虫歯である歯が原因で生じる緊張型頭痛や、顎関節症の他に、虫歯菌が原因で頭痛を引き起こす「脳静脈血栓症」や「脳炎」があげられます。脳静脈血栓症は、虫歯菌が血中に侵入し脳静脈に血栓ができてしまい、脳静脈血栓症となります。


脳静脈血栓症は、様々な症状を生じる場合がありますが、頭痛もその症状の1つです。脳静脈血栓症は命に危険が生じる恐れもあり、鋭い痛みを伴う頭痛が特徴であり、見逃せない症状となります。


脳炎は、若い女性が発症するリスクが高いとされ、頭痛、首が痛む、発熱、嘔吐などの症状を伴い、更に症状が進むと、痙攣や意識混濁などが生じる恐れがあります。


これら虫歯菌が原因によって頭痛が生じる場合には、歯科医院ではなく専門医院への受診が必要となっていきます。


▼虫歯が原因と思われる頭痛が生じたら?

虫歯が原因と思われる頭痛が生じた場合には、虫歯が進行している恐れもあるために、速やかに歯科医院への受診をおすすめ致します。